福岡県では「ヘルプカード」を配布中です

シェアする

福岡県では「ヘルプカード」の配布を行っています。

※2016年1月13日に「福岡県ホームページ」に掲載された情報です。

 障害のある方、認知症のある方、妊娠している方などの中には、手助けが必要であっても「外見では不自由や障害に気づかれにくい人」、「コミュニケーションがうまくできずに、なかなか伝えられない人」がいます。このため、福岡県では、このような方々が身につけておくことで、周囲の人が困っていることにすぐに気づくことができるよう、「ヘルプカード」をつくりました。

この「ヘルプカード」には、その方が手伝って欲しいことが書かれています。街でヘルプカードを身に付けた人が困っているように感じたら、ぜひ手助けをお願いします。

「ヘルプカード」の導入は、都道府県では東京都に次ぎ、全国で二番目です。

県民の皆さんとともに、県内に思いやりの輪を広げ、誰もが住み慣れた地域で安心して生活していただける共助社会を目指してまいります。

(出典:福岡県ホームページ

県障害者福祉課、各保健福祉事務所、市町村の福祉担当課、障害福祉相談支援事業所などで入手可能とのことですが、ヘルプカードを取りに行けない方のために、PDFファイルが用意されています。(印刷して利用可能です)

福岡県のヘルプカードの情報について、新たな動きがありましたら当サイト「ヘルプマーク.info」でお伝えします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヘルプマーク.infoをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク