2017年度より栃木県でヘルプマークが導入されます

シェアする

2017年度より栃木県でもヘルプマークが導入されることとなりました。

 見た目では障害があると分かりにくい人たちが適切な支援を受けられるようにするため、県は2017年度に「ヘルプマーク」を導入することを決めた。東京都が作ったマークを県内に普及させるもので、17年度当初予算案に520万円を盛り込んだ。障害者差別解消法の施行や東京五輪・パラリンピックの開催に向け、県は「見えない障害」への理解...

下野新聞ホームページ SOONには次のように書かれています。

 県障害福祉課によると、マークは1万5千~2万個ほど作製し、県庁や県の出先機関などで希望者に配る予定。チラシやポスターも作り、マークの意味や必要な支援などを周知する。

(出典:下野新聞ホームページ SOON

徐々にではありますが、ヘルプマークを導入する県が増えてきています。

栃木県のヘルプマーク導入について、詳細が分かりましたら当サイト「ヘルプマーク.info」でお伝えします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヘルプマーク.infoをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク