2018年度より岡山市でヘルプマークの配布が始まります

シェアする

2018年度より岡山市でヘルプマークの配布が始まることが分かりました。
http://www.yomiuri.co.jp/local/okayama/news/20170623-OYTNT50257.html

岡山市では本年度、ヘルプカードを導入。市の担当者は「まずカードの普及を進め、マークへの理解を広げていきたい」と話しています。

障害のある人が緊急時や災害時などに、周囲の配慮や手助けを求めるヘルプカードを導入し、すでに約2000枚を配布。こちらは自動車運転免許証サイズの蛇腹状で、氏名や住所、連絡先のほか、障害名・病名、通院先・電話、服薬の有無、配慮してほしいことなどを記入できる。

(出典:読売新聞

岡山県では、2017年6月現在で新見、井原、浅口、総社、高梁の5市と里庄、矢掛の2町がヘルプマークを導入済み。また笠岡市、早島町も導入を決定しています。

岡山市でのヘルプマークの配布時期、配布場所等の詳細が分かりましたら、当サイト「ヘルプマーク.info」でご案内いたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヘルプマーク.infoをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク